デジタルプランニング株式会社

マーケティングに新発想を

ブログをやらないA氏の末路

463 views
約 3 分

あるところにAさんとBさんがいました。

Aさんは流行りに敏感です。
もちろんいま流行りのfacebook。

一日2時間はやっているでしょうか。
投稿も1日3回以上はあたりまえ。

お昼ごはんに出たら必ず写真を撮りアップ。
人とあったらアップ。
飲み会もアップ。

『ソーシャルメディアを使いこなしている』。

そう自負している37歳男性です。

 

Bさんもfacebookはやっていますが、

普段の生活ではなく比較的長文のノウハウを2日に1度程度アップしています。

ただしそのノウハウはすべて載せるわけではなく「続きはこちら」として、ブログにリンクしています。

 

ブログはWordPressで制作しています。

 

・・・1年後

 

Aさんは悩んでいました。

facebookを1年以上やって確かに友達はできた。
ビジネスパートナーも何人かできた。
しかし肝心の売上に結びついているとは考えられなかった。

 

『最先端のマーケティングなのに、なぜ・・・?』

『いったい何をどうすれば売上があがるのか?』

 

一方Bさんは成果を出していました。

ノウハウを投稿し、ブログへ誘導する方針を継続していました。
ブログの投稿数も増えていき、いまや100ページを超えています。

いまでは黙っていてもGoogleからたくさんのアクセスがあります。

100ページもあるので、それらが入口の役割を果たしているのです。

1つ投稿すればページが1つ増える、
つまりブログへの入口が1つ増えることになることを実感していました。

投稿に比例してアクセスがあるので、いまでは投稿するのが楽しみになっています。

 

結論

facebookを起点としたマーケティングが必要です。
facebook→ブログへの誘導。

ブログではサイドメニューなどに告知バナーなんかを設置しておいても
セールスとは思われません。しかしセールス効果はあります。

facebookだとなかなかそうはいかないですよね。

facebookでセールスしても、いいね!数なんてほとんど付かないでしょう。

facebookからブログへの誘導。これを覚えておいてください。

さらに詳しく

 

 

寄稿者

デジタルプランニング株式会社代表取締役石田宏実
デジタルプランニング株式会社代表。

facebookアプリ企画+開発を得意としています。

特にゲームをマーケティングに活用する「ゲーミフィケーション」アプリの企画は誰にも負けません。

その実力が認められ、大和出版から「ゲーミフィケーション」を出版(2012/4)。

自社アプリを多数開発し、さらに受託もしております。

ただし、いただいたご要望について「どうかなぁ・・・」と思ったら、少しだけご提案させていただくことも多いので、「言われたとおりのものを作って欲しい」は基本的にご遠慮いただいております。

申し訳ありません(面白くないアプリ開発は、どうにもモチベーションがあがらないのです・・・)。

特技:武道(空手、合気道)


セミナー講師、取材、執筆依頼いつでもお受けします。お気軽にメッセージを!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)