デジタルプランニング株式会社

マーケティングに新発想を

昨日の 柳生 雄寛さんのセミナーで、マーケティングの基本として「共鳴できる人に」的なお話がありました。

422 views
約 1 分

FaceBookも同様で、「FaceBookが面白くない。何が面白いの?」という人は「共鳴できる人」とつながっていない(友だちになっていない、FaceBookページのファンになっていない)のでしょう。

それは「いいね!」数とか「コメント」とかで可視化されます。

これらの可視化された反応は、共鳴できる人とつながった「結果」であり、その数値を目指してマーケティングするのは本末転倒ということですね。

寄稿者

デジタルプランニング株式会社代表取締役石田宏実
デジタルプランニング株式会社代表。

facebookアプリ企画+開発を得意としています。

特にゲームをマーケティングに活用する「ゲーミフィケーション」アプリの企画は誰にも負けません。

その実力が認められ、大和出版から「ゲーミフィケーション」を出版(2012/4)。

自社アプリを多数開発し、さらに受託もしております。

ただし、いただいたご要望について「どうかなぁ・・・」と思ったら、少しだけご提案させていただくことも多いので、「言われたとおりのものを作って欲しい」は基本的にご遠慮いただいております。

申し訳ありません(面白くないアプリ開発は、どうにもモチベーションがあがらないのです・・・)。

特技:武道(空手、合気道)


セミナー講師、取材、執筆依頼いつでもお受けします。お気軽にメッセージを!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)