デジタルプランニング株式会社

マーケティングに新発想を

宝箱、モンスター、経験値、レベル・・・。これらはゲーム用語ではない。2012年からは立派なビジネス用語になるだろう。

462 views
約 2 分

無料動画、無料音声、無料レポート、割引チケット・・・。これらのファンを増やす効果がどんどんなくなってきている。そのような中、 インテルやマクドナルド、コカコーラなど超一流企業がシムシティやドラクエ、インベーダのようなゲームをこぞって開発し、facebookに導入しているのはなぜか?

その理由と、自社で開発したゲームをマーケティングに利用する権利と方法を伝授。
http://1st-biz.net/20120128s/
【2012年facebook大胆予測サミット】ソーシャルメディアの専門家集結!
2012年FaceBookバブルにちゃっかり便乗するためのセミナー。島 青志、三重 悦子、石田 宏実、岡村信一、木下裕司。1年間=8760時間を5時間で予想する。

寄稿者

デジタルプランニング株式会社代表取締役石田宏実
デジタルプランニング株式会社代表。

facebookアプリ企画+開発を得意としています。

特にゲームをマーケティングに活用する「ゲーミフィケーション」アプリの企画は誰にも負けません。

その実力が認められ、大和出版から「ゲーミフィケーション」を出版(2012/4)。

自社アプリを多数開発し、さらに受託もしております。

ただし、いただいたご要望について「どうかなぁ・・・」と思ったら、少しだけご提案させていただくことも多いので、「言われたとおりのものを作って欲しい」は基本的にご遠慮いただいております。

申し訳ありません(面白くないアプリ開発は、どうにもモチベーションがあがらないのです・・・)。

特技:武道(空手、合気道)


セミナー講師、取材、執筆依頼いつでもお受けします。お気軽にメッセージを!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)