デジタルプランニング株式会社

マーケティングに新発想を

損しないための、最適価格を知る方法

417 views
約 2 分

いったいいくらなら買ってくれるのか?
1万円?3万円?5万円?
わからないですよね。
こうしましょう。

まず1万円と書いたページを販売作成します。
同じく3万円と書いた販売ページ。
同じく5万円と書いた販売ページ。

つまり3つ作るんです。

そして訪問者にはランダムで見せる。

ある人には1万円を表示する。
ある人には3万円を表示する。
ある人には5万円を表示する。

そして注文数を掛け合わせることで
『もっとも利益の高い価格はいくらか?』
を導出できます。

実はこれ、販売前でも可能です。

注文数ではなく予約数を元に計測するのです。

■1万円のページでは、10人が予約した
■3万円のページでは、7人が予約した
■5万円のページでは、6人が予約した

上記の例では「5円だと30万円の利益になる」
ことがわかります。

もしそれを知らずに1万円で売っていたら
10万円にしかなりません。

最適価格を知るだけで、売り上げが3倍になりました。

もちろん予約した人の全員が買うわけはありません。
おそらく50%程度でしょう。

でも参考になります。

「もし誰も予約しなかったら?」

アクセス数が少ないか、欲しいソフトではないか。
そのどちらかでしょう。

・アクセス数をアップさせる方法
・欲しくなるソフトを思いつく方法

これらは次回お教えします。

寄稿者

デジタルプランニング株式会社代表取締役石田宏実
デジタルプランニング株式会社代表。

facebookアプリ企画+開発を得意としています。

特にゲームをマーケティングに活用する「ゲーミフィケーション」アプリの企画は誰にも負けません。

その実力が認められ、大和出版から「ゲーミフィケーション」を出版(2012/4)。

自社アプリを多数開発し、さらに受託もしております。

ただし、いただいたご要望について「どうかなぁ・・・」と思ったら、少しだけご提案させていただくことも多いので、「言われたとおりのものを作って欲しい」は基本的にご遠慮いただいております。

申し訳ありません(面白くないアプリ開発は、どうにもモチベーションがあがらないのです・・・)。

特技:武道(空手、合気道)


セミナー講師、取材、執筆依頼いつでもお受けします。お気軽にメッセージを!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)