デジタルプランニング株式会社

マーケティングに新発想を

リンク先の「父親にメールを送りながら亡くなった気仙沼の女の子はいなかった」について。

404 views
約 2 分

リンク先の「父親にメールを送りながら亡くなった気仙沼の女の子はいなかった」について。

外で否定的なコメントを拝見しましたが、さっき見たら消えてた。「ヤバい」と思って削除したいのかな。

ごく稀にいらっしゃるのですが「でも実際にたくさん亡くなっているんだし、アレと似たようなことはあったんだから別にいいんじゃない?」というかた。

違います!そんなんで許しちゃダメ。

なぜか?

多くの人が、この話が捏造だったことに怒っています。それは「捏造することによって、その捏造した人になんらかのメリットがあるのだろう」ということを直感しているからです。

そして今回は・・・それはおそらく正しいです。投稿者である女性は明らかに自分の利益のためにあの話を創作したのです。

ですから「でも実際にたくさん亡くなっているんだし、アレと似たようなことはあったんだから別にいいんじゃない?」で許しちゃダメなんです。自分の利益のために創作しているんですから。

こうしてる今も、利益確保のために奔走していることでしょう。

震災があってから1年。おそらく多くの人が被災者のことを思っていると思います。その中には例の「父親」「娘2人」も含まれているかもしれません。しかしそれは無駄だったのです。

存在しない被災エピソード。被災者への冒涜でしょう。

http://n-styles.com/main/archives/2012/03/10-040000.php
“[NS] 父親にメールを送りながら亡くなった気仙沼の女の子はいなかった”

寄稿者

デジタルプランニング株式会社代表取締役石田宏実
デジタルプランニング株式会社代表。

facebookアプリ企画+開発を得意としています。

特にゲームをマーケティングに活用する「ゲーミフィケーション」アプリの企画は誰にも負けません。

その実力が認められ、大和出版から「ゲーミフィケーション」を出版(2012/4)。

自社アプリを多数開発し、さらに受託もしております。

ただし、いただいたご要望について「どうかなぁ・・・」と思ったら、少しだけご提案させていただくことも多いので、「言われたとおりのものを作って欲しい」は基本的にご遠慮いただいております。

申し訳ありません(面白くないアプリ開発は、どうにもモチベーションがあがらないのです・・・)。

特技:武道(空手、合気道)


セミナー講師、取材、執筆依頼いつでもお受けします。お気軽にメッセージを!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)